太陽のしっぽ

時々妄想まっしぐら(´∀`)

<<071234567891011121314151617181920212223242526272829303109>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

SHINOBI

SHINOBI見ました。
解説 徳川家康が天下を統一し、時代は太平の世へと向かい始めていた1614年。それまで忍者の二大勢力を誇った伊賀と甲賀は、初代・服部半蔵が定めた掟により長きに渡って互いに戦うことを禁じられてきた。そんな中、それぞれの跡取りである伊賀の朧と甲賀の弦之介は、互いの身分を知ることなく出会い、運命的な恋に落ちるのだった。ところがそこへ、家康からの指令が下る。それは、伊賀と甲賀それぞれの精鋭5人を戦わせ、どちらが生き残るかによって、次期将軍を決する、というものだった。そしてその中に、朧と弦之介も含まれていたのだった…。
といった感じですが…。うん、楽しかったよ。ただ、映画って感じはしなかったかなぁ。雰囲気がゲームっぽい?
ただ、もうちょっとキャラを深く掘り込んでほしかったかもー。CGは、色の綺麗さから妥協するとして…もうちょっと繊細な人間劇が欲しかったよ!
一番印象に残った感想が「椎名桔平がセフィラーに…!? 」って具合でしたけどね。
だって白髪・真ん中分けのロングですよ。もう…うわ、セフィロスきちゃったよ、セフィロス!! としか。
キャラもジャンプに出てきそうなビジュアルが。そうだ、少年漫画っぽかったんだ。あー違和感が取れてスッキリ。
しかし今回は悲しきかな、原作が山田風太郎ってことで、読破している父が隣からネタばれしてきたんですよ。
あーあー、いるよねー、映画館の後ろの席とかでネタバレしてるやつ。
結局原作とは違う展開っぽく、ガックリ…ってことにはなりませんでしたけどね。
スコール目




comment

あ~、それありますあります。
アニメ観てた時とか映画観てた時とかに後ろから・・・やめろおおおおおおおおお!!!
(゜д ゜)

時代劇とか今風の空気で描くと結構面白いものが
出来上がったりするんですよね。

ミハイル|2006/05/16|edit
ミハイルさんへ

いますよね、デリカシーの無い人!! もうちょっと周りを見る目を養えよってかんじ。それが父とは情けない話ですが…(TT)
時代に合わない「今風」は私も好きです。新鮮ですよね^^

ひるね|2006/05/17|edit

comment form

管理者のみ閲覧可能
menu 1
プロフィール

ひるね

Author:ひるね
ネオペUN: sunmaterial
ゲームとイラストと妄想で生きてます。日々精進。

サイト: SunMaterial
ようこそ!!
DA: ポケ擬
ようこそ!!

イフト(グリムス)
menu 2
menu 3
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
アーカイブ
リンク(公式HPなど)
ブックマーク


= 同盟・協賛 =
FF妄想委員会。 大神愛好同盟 コアなポケモン擬人化同盟 アニキくしゃみ同盟
= リヴリー主張 =
うちの子自由に貸し出ししてます 擬人化リヴリーで366日の誕生花 LIVLY擬人化同盟
KU-BO HOUSE
copyright © 太陽のしっぽ. all rights reserved.
copyright © 2004 powered by FC2. all rights reserved.
javascript by Harukiya Archives. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。